ホーム > ネット > 同しようもないはダメなので

同しようもないはダメなので

とうとう投資すると時という場面では何をおいても事前対策をしなくてはいけません。

 

トレードを始める前ならば、出来事を客観的に見ることが出来ます。

 

だけれども、ひとたび市場の内側へ深入りすると、どうやっても見解が自己中心的になる場合があり、重要な時に適切な考え方が出来なくなる。

 

リスクを負います。

 

だからこそ自分自身のメンタルが論理的な間にしっかりと事前準備をしておくことが大切なのだ。

 

この"準備"とは、はじめはシナリオを作る事から開始します。

 

これからの市場はこうだから、ランドを買う(あるいは売る)というふうに台本を書いていきます。

 

その次は日足チャートを見ましょう。

 

以前の市場の動きを確認して今の相場を見ます。

 

そうしたら、「今現在は結構安い段階にある」「もう多数の投資家の方々が売買しているからこれから遅れてエントリーしても今となっては遅すぎるな」などと分かってきます。

 

無論今さら売買するのがやりようがないと考えたならば何もしないで、ここはきっぱりとあきらめることか大切です。

 

どうやっても自分なりの物語を押し通そうとして割り切らずに新しく注文すると、マーケットに跳ね返されてしまいかえって損をすることになります。

 

そうは言っても大体の状況で、準備が整った自らの脚本を作っていれば取引が遅いなというケースにはなりません。

 

明確に外国為替市場が動き出す前のはずだから。

 

更に、自身がとろうと検討している売買ポジションの上下動をちゃんと調べる事が不可欠です。

 

仮にドル高になるはずだという筋書きを考えたのであればその通貨の動きに注目する事が大事です。

 

マーケットの変動を気をつけ始めたときでは、その通貨は大きく動く気配を見せることはなく細かい変化を繰り返しているだけだろう。

 

しかしながら、その変化を正確に見ているとあるポイントで少しずつ、円安へと為替相場が推移し始めます。

 

この場面でいよいよドル円のトレードします。

 

一般的に、注意深く準偏を進めておけばその取引で稼げる可能性は高まるはずだ。

 


関連記事

  1. 同しようもないはダメなので

    とうとう投資すると時という場面では何をおいても事前対策をしなくてはいけません。 ...

  2. キャッシングについて

    キャッシングとても便利だと思います! http://www.sustainsum...

  3. テスト

    テスト記事です。...