ホーム > 情報 > 我が子との対面までの妊活の体験談

我が子との対面までの妊活の体験談

我が子との対面までの私の妊活の体験談を報告します。

28歳の時に、同い年の彼と結婚しました。
年齢的にも子供はすぐに出来るものだと当時の私は思っていました。
しかし、なかなか私達の元に赤ちゃんは来てくれませんでした。
だんだんと焦り始めた私は、妊婦さんや子供を見るのも嫌になってしまいました。
結婚後、1年を超えた頃、『病院に行ってみよう』と主人が言い始めました。

私は産婦人科って何か怖いイメージがあり、ましてや不妊治療っていうのに凄く抵抗があり、初めは躊躇したものの、赤ちゃんが来てくれるならと通う決心をしました。
どこの病院が良いかとインターネットで調べ、不妊治療に積極的に力を入れていて、口コミの評判も良かった婦人科に通う事にしました。
初めての通院の日、怖いイメージの婦人科に足を踏み入れると、想像とは全然違う場所でした。
とても綺麗で明るく座り心地の良さそうなソファが並べられていました。
また、スタッフの方々も親しみ易い方ばかりで居心地の良い場所でした。
また、場所柄的に個人情報の扱いも徹底していた事が気に入りました。
そうして、私の頭から怖いというイメージは吹き飛びました。

診察をして下さった女医さんも、不妊治療経験者で、物腰が柔らかい感じの良い方でした。
色々と話を聞いて下さり、まずは、生理不順を治す治療から始める事になりました。
この治療は保険を効かせてくれたのも助かりました。
薬の服用から始めたのですが、副作用等気を付けなくてはいけない事を事細かに、看護師さんが説明をしてくれました。
おかげで、不安になる事はありませんでした。
この薬の服用のおかげて、生理が毎月来るようになり、基礎体温も安定して来ました。
3ヶ月ぐらい通院した後、次の段階へと進みました。
タイミング法です。
しかし、何ヶ月か試したものの、赤ちゃんが来てくれる事はありませんでした。
今、思うと、この期間が本当に苦しかったです。

基礎体温を測るのも嫌になりました。
よって、体温を測る事を休んでみてもいいよと言ってもらい計測を中止しました。
そして、次の段階へ。
人工受精を行う事になりました。
そして、チャンスは1回っきり。
と言うのも翌月から主人の単身赴任が決まっていたので、これを逃すとしばらく難しかったのです。
人工受精って難しい事をするのかと思いきや、全然そんな事もなく、少し横になっているうちに終わりました。
こんなんで来てくれるんかな?と少し不安になったりもしました。
その後は、毎日がドキドキワクワク。
まだ、判定も出ないうちから、赤ちゃん用品が気になったり、雑誌が気になったりこれで、来なかったらどうするねん。
相当落ち込むぞっと自分で自分にツッコミいれたり。
それから、約2週間後、気持ち悪さや頭痛、眠気と普段の生理前の症状と何ら変わらず、今回もダメかぁと諦めてました。
そして、ダメ元で検査をしてみたら、見事陽性反応。
信じられずもう1回試しても陽性反応。
思わず飛び跳ねて喜んじゃいました。
その一週間後、病院に行き調べてもらい、無事に妊娠してる事が確認出来ました。
1回きりのチャンスでお腹に来てくれたこの子に、感謝の気持ち以外何もありませんでした。
お産は扱って無かったので紹介状を書いてもらい、母子手帳も無事に手にする事が出来てからは、毎日お腹の子の事ばかり考えてました。
それからの10ヶ月は辛い時期もありましたが、我が子と対面した瞬間全ての苦労が吹き飛びました。
あの時、通院を始めて本当に良かったと今でも心から思います。
今は2歳になる息子の扱いに大変なる毎日ですが、同時に毎日が楽しくて仕方ありません。

男性不妊サプリに関する限定情報を見つけたいなら、男性不妊サプリについて説明している当ホームページを閲覧してみてください。

非常に重要な男性不妊サプリの情報を、他のウェブサイトよりも確実に見ていただくことができるはずです。

男性 不妊 サプリ


関連記事

  1. 我が子との対面までの妊活の体験談

    我が子との対面までの私の妊活の体験談を報告します。 28歳の時に、同い年の彼と結...

  2. テスト

    テスト記事です。...